デンタルフロスでWhite tooth|綺麗で清潔な歯を長く保つ

Dental Care News

フロスで歯のケア

歯を大切にすることは、生きる上でとても重要な行いです。デンタルフロスを利用して、しっかりケアをしましょう。

plaque control

歯は老後も使用することが多い部分であり、ある意味ではその人が生まれた時から持っている大切な資産だと言えます。しかし食後に歯磨きを行わなかったり、日頃から歯磨きする習慣をつけていないと歯垢が残ってしまい虫歯になってしまいます。虫歯になると歯が段々ともろくなり、羽が抜けてしまったり折れたりしてしまうことがあります。そのようなことがないように歯を磨くことによって歯のケアを行ない、いつまでも綺麗な歯を保ち続けることができるようにすることが大切です。また歯を磨くだけでは歯に残ったプラークは全て取り除けませんが、デンタルフロスをすることによりほぼ全てのプラークを取り除くことができます。歯のケアを行う際は歯磨きと共にデンタルケアを行ない、なるべくプラークが歯に残らないようにしましょう。子供が使用する際は危険がないように、大人の方が付き添ってあげるようにして下さい。

歯垢ブラシは歯に残ったプラークを取り除くことができ、歯と歯の間に残ったプラークも取ることができます。こうした歯垢ブラシはドラッグストアや薬局で購入することができ、誰でも簡単に利用することができます。歯垢ブラシは歯医者などで行うことが多かったですが最近では一般家庭でもよく行なわれるようになり、歯垢ブラシを販売する場所も徐々に増えてきています。コンビニやスーパーなど身近な店舗でも販売されているので、ちょっとした買物のついでに購入することができます。歯垢ブラシは誰でも簡単に利用できるような作りになっているので、大人の方だけでなく子供でも安心して利用できるようになっています。家族でしっかりと歯のケアを行って、老後も使える綺麗な歯を保ち続けられるようにしましょう。

デンタルフロスの種類

医者

デンタルフロスには2つの種類があり、糸巻きタイプには歯の細かなケアも行えて費用も安いなどの特徴があります。またホルダータイプは誰でも簡単に使いやすく、子供などでも簡単にデンタルフロスを行うことができます。

これを読む

虫歯の早期発見

歯

デンタルフロスを行うことで歯の状態をチェックすることができ、初期段階の虫歯も発見することができます。また同時に歯の詰め物や被せ物の状態も確認することができ、二次カリエスも予防できます。

これを読む

予防が大切

歯

デンタルフロスを行うことで虫歯の早期発見だけでなく、虫歯の予防も同時におこなうことが出来ます。またデンタルフロスは歯周病を早期発見することもでき、歯周病予防の効果もあります。

これを読む

フロスの使い方

まるばつ

糸巻きタイプのフロスでデンタルフロスを行う際はフロスで輪を作り、手に負担が罹らず楽にデンタルフロスを行えるようにしましょう。また高齢者の方などはデンタルフロスよりも、歯間ブラシを利用した方がより効率的です。

これを読む